RSS | ATOM | SEARCH
大人の英語時間Mama's special

本物をいつも身近に置いておきたい。

キッズ向けの英語レッスンをする時、ボールを持参してみることがある。

さわった感覚、投げてキャッチした感覚、近くでその道具を先生はどんな風に使っているかと見る感覚、

5感に触れながら学ぶと、英語で体験したことに深みが出ると思うからだ。

 

年齢によって、単語カードも使うし、テキストを使うこともある。

身近なものを使っていこうという意識。

来週から、ママさん向けの英語クラスをスタートする。

お問い合わせがあった。

・おうちで過ごす時に英語にふれる時間を取り入れたい!

・講師は、○○さんがいいねん。(私の名前を言ってくださった!)

 レッスン後もちょっとおしゃべりできたらええよな。➡️心の声: 嬉しい。これ、重要(笑)

 

その自然な想いをいくつか伺い、『今月、体験レッスンしてみましょう〜』と。

新たなニーズに踏み出す想いになった。(我が子が小さいときにも、不定期にママ英語は開催していた。)

 

お子様は中学生。

身近なテーマ。『ちょっと英語の教科書のぞいてみよう〜。』

英語にふれることで、どんな事が始まるだろうか。

月2回の予定。気になる方いらしたら、少人数ママクラス開講です。

やってみたい時に始めてみよう。

 

英語の文法+洋楽にもちょっと触れますよ〜。

 

ゆかり☆ゴスペル

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 08:57
comments(0), -, - -
Comment