RSS | ATOM | SEARCH
ゆかり☆ゴスペル&クワイアのステージ

こちら後半はゴスペルクワイア。

3曲目、おとなメンバーで歌う。

ドラムMonchiさん、キーボードマッキーさんの演奏家の方が入ってくださって豪華な感じに。

テーマをイメージして届ける。

4曲目、キッズと合流し、12名で届ける。

1人1本、マイクセッティングいただき、貴重なことです〜。

(会場の状況もそれぞれなので)

そして、ステージ経験初めての方も、慣れている?方も一緒になって歌えるという仲間。

はじめの2曲、私が先にステージに出ているという状況で、

少し緊張もあった方もいると思う。

これまでのいろんな場所でのイベント、現場の空気感をつかんでゆく子ども達。

リハーサルの後に、本番はリハーサルと違う場所に立ちたちという話しが出た。

リハーサルでイメージ深めているからどんな理由かなと、

よっぽどの理由がなければ、リハ通りでいきましょうと伝える。

こういう一つ一つも経験だったりする。

どんな気持ちで歌う?

聞いてみたり。

本番始まる前、会場で全体の祈りに耳を傾け心を合わせる。

そして、本番、大人のメンバーも、キッズメンバーも素敵な声が会場に響いていた。

あ、マイクから少し遠めに歌ってる大人の方がいた。マイクを近づけてみようかと思ったけど、

のびのびと、いきいきと、リズムにのってらっしゃるから、それは素敵だった。

 

キッズのママさん保護者の方がたにもいつも支えられている。

ゆかり☆ゴスペルのシンガー&講師としての姿を受け止めてくださっていて、

優しい空間がそこにある。キッズ達が本番前ものびのび過ごせるのは、

そんなお母さん達の『のびのび歌っておいで〜』という感じが私は好きだ。

『しっかり歌いなさい』ってちょっとは思っているかもしれないけど、

『応援してるよ〜』という土台があるので、安心していつものように歌えるのかな。

緊張するお子さんもいて当たり前。それぞれの歌声が一つとなって心こめて歌う姿。

 

ステージ一緒に立って、嬉しい気持ちになっている。

コールアンドレスポンス。

レッスンで、ときどきするのだけど、私は冒険してしまう。音楽の楽しいところ。

多少、新しいことを取り入れてみたり。

温かいものが会場に届いていたと思う。

コラボしてくださったミュージシャンのサウンドも温かい。

 

ステージ横の舞台袖からミュージシャンのグレッグさんが見守ってくれてた。

1曲、1曲の演奏後にGreat!って合図してくださってましたよ。ゴスペルメンバーと歌声もっと合わせていきたいね☆

キッズも大人のメンバーもファミリーのようなクワイアになってゆく。

レッスンはそれぞれだけど、また、コミュニケーション深めよう。

 

素敵な仲間との出会いに感謝する。幅広い世代、会場もそれぞれのメンバーで集まる機会。

出演メンバーさんも、普段のレッスンメンバーさんも、

これからも、ゴスペルにある希望、歌詞のテーマをイメージして歌っていこう。

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 02:03
comments(0), -, - -
Comment