RSS | ATOM | SEARCH
Here are gospel musicians!

 

素敵なお二人と!

NYから短期ツアーで来られている音楽プロデューサー、ディレクター、ピアノ弾いて歌うグレッグさん。

ステージで、ゆかり☆ゴスペルと共演してくださっていて、

CD制作など、曲のアレンジをしてくださるピアニスト野田常喜さん。

 

お二人のピアノの音色が、素敵に響いていて。

1時間もたたないうちに、音楽は、世界をつないでいく。

その場にいた感動をここに書き留めておこう。

 

野田常喜さんも、世界のいろいろな国でピアニストとして活動されている。

グレッグさんも、アメリカNYからヨーロッパやアジアでツアーをされている。

 

ゆかり☆ゴスペルの2019年制作しているオリジナル曲があり、グレッグさんから初の個人指導。

曲について深める時間をとっていただいた。

その日その日のテーマがあった。

 

〆邏焚箸箸靴董曲とコーラスアレンジの学び 

▲轡鵐ーとして、声に向き合う学び 

作詞家として、英語の歌詞で伝える学び

 

クリエイティブな時間だった。,函↓のオリジナル曲は、野田常喜さんのアレンジで、

私が弾き語りしたときに、とってもよい曲だと励ましの言葉をくださった。

音楽活動する仲間がいてくれるからこそ、歌と音でメッセージの深みが届く曲となっているのだと思う。

 

そう、だから、私のメロディも、形になっているのも周りの支えがあるからだし、

バンドメンバーのアレンジがすごいねん!CD聴いてほしいねん!って

音楽家として紹介したかったのだ。

 

グレッグさんとのクリエイティブな感動がある私は、

なんだか、行動派。

シンガーソングライターの私は、歌が好き、だけではございません。

アイデアを分かち合う。それだけです。

はい、思い付いてから、不思議とスケジュールが整えられた。

Here are gospel musicians.

 

言葉は少なくてよい。

(私はいっぱい、しゃべってたけど)

ゴスペルミュージシャン同士の時間。

京都のピアニストとNYの音楽家、

そこに響いていたゆかり☆ゴスペルのオリジナル曲!

(なんか、豪華なまとめ方!はい、はい、って突っ込んでください)

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:13
comments(0), -, - -
Comment