RSS | ATOM | SEARCH
NY在住の音楽プロデューサーグレッグさんと。

アメリカ人のミュージシャンの方とのつながりがあって、

来日ツアーのたびにゴスペルイベントでお話する機会があった。

写真の下にチラシからプロフィール写真を載せてみた。

ティモシーライリーさんと、グレゴリーケリー(Greg)さん。

 

素敵なゴスペルミュージシャンで、9/23祝日の午後のイベントで出演される。

ゆかり☆ゴスペルも、ソロやグループで出演させていただくゴスペルイベント。

クワイアメンバー&キッズメンバー何名かと一緒に届ける。

また、ゆかり☆ゴスペルは、ダンサーErika先生、Kimikaさん、Kisaとのコラボする曲もあるのでお楽しみに。

9/23 午後5時から阿倍野区民センター二階大ホール。チケット2000円、小学生1500円。

 

昨年、Gregさんに作曲について気がるにインタビューさせていただいたこともあって、

ゆかり☆ゴスペルの活動の話しも少しだけ聞いていただいていた。

昨年CDをリリースしたので、何かシンガーソングライターとして、

一歩踏み出したい気持ちで過ごしていた。

このコンサートツアーのタイミングで、作曲についてアドバイスいただけたらいいな。

 

ちょっとドキドキしながらも

9月13日アポイントを取って、大阪のスタジオへ。

グラミー賞受賞されているということだけじゃなく、

あふれる音楽的なセンス、ゴスペル曲をディレクトする声も素敵で、

曲も書いていらっしゃる。

さて、目の前での弾き語り。2019年に作った曲を聴いていただいた。

『曲づくり』についての個人的に教えていただける機会。

まさかこのような方に楽曲をよい!と言ってもらえるなんて。

オリジナル曲をとってもいい曲だとおっしゃってくださった。(英語で学ぶ。)

 

夢だろうか。

いや、ほんま感謝と、ワクワクがあふれていた。

オリジナル曲は、Sound Closerのイベントや、

CD制作のバンドメンバーや、ステージ共演するメンバーさんからも

音楽的な影響を受けていたりする。

周りの方がたがいて、ゆかり☆ゴスペルは日々歩んでいる。

 

歌のこと、曲のこと、学べる機会。

 

神様が与えてくださることに素直に感謝。

信頼して進んでいこう!

このような機会を通して、シンガーソングライターの働きを

励ましていただけたようで、本当に感謝。

 

Gregさんに次の日のコンサートでお会いし、

隣に座っているTimさんに、私のことをShe is my composer student.  と言ってくださった。

(僕の作曲の生徒さんだよ〜)

 

なんだろうか。

お、その紹介いいね〜。

と思った私。

生徒さんとか、大御所から教えていただくだけでも、名前覚えてもらうだけでも恐れおおいけど、

なんかちょっと嬉しい。

また時間を合わせて、学びたいなと話している。

 

他の曲の演奏コンサートがあり、よかったよ〜っと

オリジナル曲のテーマも通訳で聴いてもらったりしながら。

また、ある動画には、Timさんがコンサートを撮影し、

私の弾き語りの歌の後に『Great Student』Gregさんに声をかける。Gregさんは、にっこり返す。

なんか、以前よりも、オリジナル曲めっちゃいい生徒さん!と思ってくださったようで。

喜んでしまう。(Great Studentを意訳して、書き残しておこう)

 

ソングライター。オリジナル書き続ける。

勇気を持って踏み出すぞ。

そして、励ましのことばを胸に。

感動する気持ちで歩んでいます。

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:51
comments(0), -, - -
Comment