RSS | ATOM | SEARCH
特別な企画。ゲストと共演

アメリカからのゲストミュージシャン。チャリティロックハートさんと。Dreneさん。

昨年に引き続き、2人で歌うこと。

デュオで歌う曲数が増えていたかもしれません。なぜか現地に着く前の30分ほど緊張感がありました。

午前中は保護者として幼稚園での予定があり、その午後から気持ちも少しチェンジ。

ライブに向かったモードに入ります。

 

到着するころには、自分が6歳の一番したの息子とリハーサルへ向かったので、日常の中にとけこむような、

音楽ライフ。

少しの緊張は、いい意味で、子どもと一緒にいるとふっとんでおりました。

 

コンサートでは、いつも通りのびのびと歌いましたが。

とっても貴重な時間を過ごさせてもらっている事に気がつくたびに、

夢のようだったりで、心も感動していて、泣きそうになります。

会場のみなさんとコミュニケーションを取り合うような時間もありました。

 

お越しいただいた方の表情を見ていると、大阪でのカフェライブを企画してよかったと思いました。

コーディネーターの青木牧師の細やかな支えがあり、いろんな予定と調整していただき、実現して感謝です。

そして、Yoshi Blessed Musicのサウンドシステムと、協力があり、

ゆかり☆ゴスペルMusicとして思いきって踏み出せたのです。

 

本当に感謝いっぱいです。

本場の音楽と、心を通わせるようなコンサート。

歌声、ピアノ、そこにある響き。

本物にふれるような貴重な時間でした。

カフェの会場には、感動で涙された方もたくさんいました。

私も歌声を合わせるたびに、どんどん深まるものを感じていました。

感動いっぱいです。

もっともっと、たくさんの方に生演奏を聴く機会、心に響くメッセージに触れる機会があればと

さらに思いました。

コンサートを通して、音楽について向き合うことがあります。

本物を求めていこうと、ゆかり☆ゴスペルはシンガーとして感じておりました。

私も深めていきながら、歌い続けます。

 

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:48
comments(0), -, - -
Comment