RSS | ATOM | SEARCH
気がついた事をする

普段、私は、気の利いたことができるタイプではない。

だけど、気がついた事があれば、わりと行動するタイプである。

 

保護者同士の集まりで、話したいなと思ったママ友達がいたら声をかけてみる。

子どもの学校での様子が知りたい時は、クラス懇談会に出席する。

ゆっくり会って話したいと思った友人に連絡しようとする。

また、お茶しようねと言ったら、具体的に進めてみる。(思いついた時だけ)

 

ゴスペルシンガーとして、何年も音楽活動を続けている。

歌うのが好きで、私にできることがあるならと、

夢を持って、始めた。

 

いろんな支えがあるから続けることができているのだと思う。

歌で表現したいものがあるから、今も続けている。

歌を書きたいという想いこと、この曲のメッセージを歌うことも

何かのきっかけはある。

 

あるとき、音楽活動に情熱を注ごうと決意しながらも、

ふと、自分はママ業の方は、大事にできているだろうか?と、

そんな想いが与えられた。

 

子ども達に朝の「いってらっしゃい」と、寝る前の「おやすみ、大好きよ」は

しっかりと伝えたい。一日の感謝の祈りも一緒にする。

 

ゴスペルを歌い、語り、その生き方を知りたい。

自分の中に、満ちあふれているような、しみ込んでいるようなものがあるなら、

それは、伝わっていくかもしれない。

伝わり方なんて、なかなか見えない。

わからない事は、委ねる。そして、心に寄り添う事はできる。

 

気がついたことをしてみる。

言い換えて深めてみると、

「想いが与えられたことに踏み出してみる。」

 

やっぱり、言葉が少し、かしこまった感じかな。

 

「気がついたことをした」というブログのタイトルにしておく。

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:09
comments(0), -, - -
Comment