RSS | ATOM | SEARCH
3月のケーキ

子ども達のお誕生日会で食べていただくケーキ。

とある場所の役員として、アイデアを出す機会がありました。

ケーキの土台のスポンジは購入し、手作りホイップとトッピングをします。

一人で作るのではなく、数名で、一緒に作ります。

 

イチゴをスライスすると、こんなにかわいらしく、できあがるのです。

さて、この1台のトッピングのイチゴ。何個分をスライスにしているでしょうか。

 

2×12で、24にスライスしたイチゴが1台のケーキにトッピングされている。

実は、大きな1個のイチゴを4等分に割って、さらに半分に割って。8切れになるのです。

はい。8切れを3個分で24切れということで。

大きなイチゴ3個分です。できあがりは、とってもワクワクした。

考えているときもワクワクした。

 

真ん中と、側面にはチョコフレーク。スポンジの間にはイチゴのスライスと、チョコフレーク。

心こめて考えたアイデア。

子ども達が喜ぶのをイメージして。

 

うっすらイチゴジャムを入れたホイップがほのかにピンク色です。

3月初旬に保護者の方と一緒に作った、イチゴとチョコフレークのケーキでした。

 

アイデアを形にするときって、なにか、いつも以上のエネルギーを使うことがあるのですが、

こうして、一緒に作れるという経験は、ママさん同士で、

お菓子のアイデアも話したり、いろんな話をしたりと。

かけがえのない時間だと思います。

 

春からは、初めて、関わる分野の役員があります。

楽しくできるといいな!という気持ちを大事にしていこう。

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 22:03
comments(0), -, - -
Comment