RSS | ATOM | SEARCH
ゴスペル授業の準備

小学校でのゴスペル授業。

年に1回の恒例!になったらいいなと小さな願いを持ちながら。

 

お声をかけていただいたのです。

今回は、プリント作りを1枚させていただき、

英語の歌詞の訳を書かせていただいた。

他から探しても、私の伝えたい部分まで書いているものがなかったので、

自分で意訳。

ある意味、チャレンジである。

 

何度も書き直して、他の方の訳をネットも参考にしながらも。

この意味はこういうことだろうか。

よく知っている歌なのに、新しく知ることがある。

自分で考える、調べるということは、深めることにつなるのだ。

 

これだ!と思うものに仕上げた。

 

数ヶ月前、ゴスペル音楽会を学校の行事としてさせていただいたとき、

保護者様が、学校からの案内プリントを見て、楽しみにしてくださり、

そのチラシを冷蔵庫に貼ってくださっていたというのを後から聞いた。

 

この歌詞のプリント。

子ども達が持って帰って、お家で、また見てくれたら嬉しい。

保護者の方も読んでくださったりするのだろうか。

 

ゴスペルの歌詞にあるメッセージを

伝わることばで書けただろうかな。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 00:37
comments(0), -, - -
Comment