RSS | ATOM | SEARCH
コンサートで感じるもの

ゴスペルつながりの方が出演されるコンサートのお誘いをいただき、

見に行かせていただいた。

出演者の方の表情や、歌や楽器の音、会場の雰囲気から

その場所でリラックスして過ごせるというのは、素敵な事だった。

道を調べてたどり着いた。初めての場所というのは緊張もある。

だけども心暖かいウエルカムに感謝

3つに分けて短く感想を書いてみる。

 

〜播┐焚山擇らメッセージが伝わってくる

言葉から表情から、客席に届く。涙が出そうになる。

帰ってからも余韻に浸る

これは、自分でも意外だが、ギターを弾きたくなって、音楽に浸る時間を持てた。

 

一緒に行った家族とコミュニケーションが深まる

子供と一緒にいけて嬉しい。

私が出演のイベントには、慣れているが、やはり、まだ知らない音楽コンサートの場合は、

(途中で休憩していいよ)など子供が安心して過ごせるようにしてあげたい。帰る時間も子供の意見を尊重して、、、

最後までいれなかったけど。これも、子連れで行くときの覚悟みたいなものか〜と。一人で行ける時、子連れで行ける時。

どっちも素敵な時間なのだ〜。

 

生演奏は、やっぱりいいね!

自分が足を運んで、コンサートの良さというのを感じる。YoutubeやCDもおすすめなのだが、コンサートの空気感は
行かないと!

たっぷり音楽にふれたり、アーティストさんの持っているものに触れたりしたい。

 

 

お客さんの立場としてのレポートを書いてみた(投稿の文面を短く編集しました)

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 07:15
comments(0), -, - -
Comment