RSS | ATOM | SEARCH
一緒に熱くなる

小学生の息子のバスケットボールの試合。

大きな戦いに向かっていくとき。

応援する側も、一緒に熱くなっている。

ゴールを目指して、熱く戦う息子。

このチームで勝ちたい!そんな想いで応援した。

 

チームで戦うとは。

1秒の大切さとは。

互いを大事にするとは。

努力とは。

仲間とは。

 

誰かが語らなくても、こんなにそばでいて

チームから感じることがある。

心が動く。

子ども達を応援したい。

 

出場できたメンバーもいるし、

思いがけない理由で、出場できなかったメンバーもいる。

 

きっときっと

思いが一つになっている。

 

その場所で見れなかったとしても、

目指したものは、同じで。

熱い気持ちが届いている。

 

わかっているような。ちょっと考えることしかできなくて。

わかりたいという、気持ちだけが、ふわりとしていて。

寄り添うとは。 想像しかできず。。

 

遠くから寄り添うなんて。

どういうことだろうか。

 

声をかけるとは、けっこう勇気のいることかもしれない。

 

なんて言葉をかけていいのだろうか。

まだまだ、わかっていない。

言葉は、かけれなかった。

簡単に送れるはずのメッセージも送れなかった。

わかりたい。

会ったら、しっかりと目を合わせてみよう。

 

覚えていたい、ささやかなメッセージを

ここに残してみた。

 

一緒にチームでいれること。

あなたがいてくれて嬉しい。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:03
comments(0), -, - -
本気のリズム遊び

キッズとドラム、ピアノ、ウクレレなど、いろんな楽器にふれる機会を作っている〜。

もちろん、ボーカル、コーラスも。
私の音楽活動のつながりもあり、プロの演奏家の方を子ども達は身近に感じている。

楽器にも興味をもっている。

(リズム感も小さい頃からのびる!)
楽しみながら、遊び感覚でできるのがいい!
私自信、子育てしながらの活動というのもあり、
お子様連れ歓迎のLIVEを企画するようになった。
身近にプロの演奏家の音にふれてほしい〜と思っている。
シンガーや演奏家、アーティスト活動を知ったり、CDを聴いたり、LIVEに来て、音楽を感じる、
クリエイティブな体験をしてほしいと願っているのだ。
ドラムは、年に何度かだけどスタジオへ。
http://yukarigospel.com/
https://www.facebook.com/yukarigospel/

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:46
comments(0), -, - -
やってみようという気持ち

公園で鉄棒の遊びに、普段は興味がない息子。

やってみようとか、あまり思っていない。

いつもより高さもあったので、ちょっと難しそうだった。

 

できるかもしれないよ!

手を使って、ジャンプしてみて体を支える。

いつもと違う高さ。バランスも難しく、すぐに降りて。

 

何度か、やってみると、少しずつコツがわかってきた。

固くなっていた体が、しっかりと使えて。

ジャンプもしやすくなってきた。

 

鉄棒に慣れていないので、できないと思ってそうだ。

こういうのに、苦手意識があるのかな?とは、思う。

鉄棒にさわるところから始まる。

どんな気持ちでやってみるか。

(スポーツは好きで、バスケットボールなどは得意)

 

やってみよう。

 

こういう小さな経験、気持ちは、大事だと思う。

(鉄棒に、ジャンプして体を5秒支えてみよう。)

 

5秒、支えれるようになった。

体を使ってバランスをうまく保てた感覚、

やってみようとする経験、

これからの強みになっていく。

自信につながっていく。

(1人ではなく、ママもそばで見守っているよと、さりげに応援)

喜びを共に分かち合っていく。

https://www.facebook.com/yukarigospel/

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:47
comments(0), -, - -
芸術を楽しむ

家のリビングは時々、子ども達のアートの時間になります。

6月下旬の様子ですが、芸術にふれる機会を大事にしたいなと。

アクリル絵の具を買ってみました。

 

子ども達は、小さな頃から絵が好きです。(音楽もスポーツも本も好きです)

予想もしていないような貴重な経験に出会うことがあります。

 

実は、この数時間前に、カフェで魚の絵を描く機会が与えられたのです。

カフェの壁を魚のアートで、作業されていたので、

始めは、ちょっと隣で見せてもらっておりました。

ライブペイントのようで、私は「子ども達と少し、見ていいですか?」とお声がけしました。

すぐに帰るつもりが、

娘は「まだ見ていたい。」

 

そして、少し色塗りをさせてもらったり、

兄ちゃんも一緒に、魚の絵を隣で描かせていただいていました。

(壁から、はがせるようにテープの上です)

そして、紫の方が3年生の娘が描いた魚。

赤い方が5年生の息子が描いた魚。どちらも色使いがユニーク。

 

クリエイターさんも、筆使いや、色使いなど、ほめてくださっていました。

(絵の教室で習っているので、個性を豊かにのばしてもらっています!!)

数日後、6月下旬、

その作品は、丁寧にカフェに飾っていただきました。

7月下旬、ポストカードにしてくださって、

クリエイターさんの絵と一緒にカフェで飾ってくださっていました。

https://www.facebook.com/yukarigospel/

ゆかり☆ゴスペルの音楽情報、日々の様子はFacebookページにもあります。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:03
comments(0), -, - -
ゴールをしっかりと見て

 

 

バスケットが大好きな少年。

5歳児さんは、小学生向けの高さのゴールにシュートします。

しっかりゴールするぞ!という気持ちでみなぎっている。

小学生の兄も姉もバスケットボールをするので、身近にスポーツができる環境。

家族でバスケットボールができる環境もあるのです。

(私も子供がバスケット始めてから、月2回くらい練習。次の日は筋肉痛!)

 

5歳児の息子は、家族の行事についてきたのではなく、

しっかり自分で練習します。イメージトレーニングも好きなように自分で積み重ねています。

何度か練習していると、この高さのゴールに入るようになりました。

小さな頃に大事だなと思う事は、『やってみたい!』という気持ちと『ゴールに入るイメージ』です。

 

歌のレッスンでも、『歌ってみたい!』と『どこに向かって歌うかイメージ』が鍵です。

 

英語リトミックのレッスンでも、『英語で言ってみる!』と『どういう場面の表現かイメージ』は鍵になります。

 

バスケットボールのゴールは1回で入らないことがある。

毎回、ゴールが入るようなら、プロのスカウトが来てしまいます(笑)

勝ったり、負けたりがあるスポーツの世界。そこから学ぶことがたくさんある。

チャレンジする中で、つかんでいくものがある。

子供達が、楽しみながらいろんな事にチャレンジする姿を見て、こちらも励まされます。

 

ゆかり☆ゴスペルの情報はこちら。

12月10日日曜にクリスマスランチ&ライブがあります。

https://www.facebook.com/yukarigospel/

https://twitter.com/yukarigospel

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 10:03
comments(0), -, - -
画材屋さんの店頭に


小学4年生、絵を書くのが好き。油絵を絵の先生に月2回ご指導いただいている。

大阪市内にある画材屋さんが店頭に1ヶ月ほどの予定で飾ってくださっていることになった。

道ばたからしっかり見える場所。

 

彼にとって2作目の油絵。

そんなに早くにたくさんの人に見ていただけるなんて、

調子にのってしまうではないか。

私が(笑)

 

見かけた方、彼が描いているのはNBA選手。

自分の描きたいものを描かせいただけるのは、とっても嬉しいことだと思う。

 

コツコツと、色を重ねて。

油絵の世界を私は知らない。

こうして見せてもらって、その深みを知っていくのかしら。

 

ゆかり☆ゴスペルについては下記に。

http://blog.yukarigospel.com/

https://www.facebook.com/yukarigospel/

https://twitter.com/yukarigospel

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 12:01
comments(0), -, - -
5歳児のチャレンジ。

子育ての話。(音楽活動の情報は、こちらにもhttps://www.facebook.com/yukarigospel/

インラインスケート。5歳児の弟は初のチャレンジ。(お姉ちゃん、お兄ちゃんも小さな頃からやってみた)

「やってみる」という、本人のやる気を確かめてスタート。

 

すぐにうまく滑れないだろうけど、足を大きく動かしてみる。もちろんこける。

落ち着いて進みません。

リンクに到着して、なかなか思うようにいかない足の動きを感じた様子。

「ぼく、インラインスケートしない」

スケート靴はいて、手すりを持っても、こけながら、「もう、やらへん」

ゆっくりでいいよと声かけながら、お姉ちゃんお兄ちゃんも応援。

座り込んだり、立ったり。始めの15分。

「今日は、ちょっとでいいよ。」「歩くようにやってみて」

始めから大きく足を開いたら、こけるよ。

いろいろ声かけしながら。

一周、手すりをもって前に足を向けれるようなった。もちろん保護者はそばで付き添う。

チャレンジする子どもに、ポイントだけ伝えて、そっと見守ってみる。

いっぱいこけて、失敗するという経験からたくさん学んでる。

それだけでも充分だと思っていた。私も。パパも。

しかし、彼は、「もっと、やってみたい。滑りたい」という気持ちがあった。

お姉ちゃんに手をつないでもらって、いつの間にか進んでいる。

始めに嘆いた言葉がうそのようだ。「もう、やらない」ぐずぐずは消えていた。

楽しそうだ。

1時間だったか、1時間半だったか。

一人で滑ってみた。いっぱい転んだのに、あきらめない姿。

5歳児の初挑戦。やりたくないと言ったけども、

自分でチャレンジしていた。

ゆっくり見守る中で、子どもの気持ちの変化をみた。

大人の視点では、なかなか気づけない事を気づかせてくれた。

 

場所はおすすめ、伊丹市にあるスケート場にて。http://www.eonet.ne.jp/~itami-roller/

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:09
comments(0), -, - -
朝の送り出し

人の優しさに出会い、感動する。

人の優しさには、時々、気を遣うこともある。

(こんな私でも心開くまでは。。)

でも、時には甘えることがあってもいいのではないかな。

心の疲れた部分って、気がついてない事もあるから。ゆっくりできたら、回復したり、癒されたりする。

 

夏休みに、娘を朝8時にバスケットの練習に送って行く日があり、

いつもは、早くしよう!バタバタと

いい声かけができない日もあったけど。

お友達家族と過ごして、ゆっくりさせてもらったりして、

心がリフレッシュされた次の日。

その日は、「この送る時間、娘との会話を楽しもう、その時間を楽しもう!」と、

私の気持ちが穏やかで。

やっぱり、急ぎ足なんだけど、気持ちがいつもと違う。

子供にとってもいい時間になってほしいなと、朝の送り出し。

大事な事を思い出した。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 01:12
comments(0), -, - -
少しの勇気を持って

自分の事をよくわかってくれている友人がいると

ちょっと安心する

考えや気持ちを言葉にすると、

どう伝わるのかと勇気がいる時もあるのだけど

互いに大事に思いあう仲間になっていけたらいいね

 

幼稚園の年少クラス保護者の代表という役割。

春から初めて出会うママ同士、お互いのこと、よく知れたでしょうか。

行事を通して、会話を通して、過ごす時間を通して

親子共々、仲良くなれて嬉しい事です。

幼稚園の行事があり、12月の保護者のパフォーマンスでは、

チームでリードしたり、みなさんに支えられてたと思う。

 

人前で話す事には、慣れておりますが、

自分の思いを話す時は、少しの勇気がいりますね。

 

本気で話したり、本気で聞いたり。

心が熱くなり、泣きそうになる。

 

 

これからもどうぞよろしくです。

 

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 23:36
comments(0), -, - -
娘と私。

長女:7歳

(好きな事)絵を書くのが丁寧。兄&弟とたくさん遊ぶ。友達と外遊びも好き。

(音楽編)ピアノレッスン、曲の表現が上手。歌もキッズゴスペルで出演するイベントは相談しながら参加している。

(近況)娘と仲良く過ごす事も多いが、時に、ささいな事で私が言いすぎる事があった。

今日は寝る前、寝転びながら、、穏やかにお互いの考えている事を話す時間が持てた。

娘の話をいっぱい聞いた。私はいろいろ反省する事があるなあ。。。自分の弱さを知る。

まだまだ見えてない事があるなあ。

本気で子供を愛する子育てをしたい。

今日の二人の話しあいは、大事な方向に向かっていくための時間だった。

コミュニケーションを深めていくには、どうやって向き合うかなんだと思う。

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:子育ての話, 01:36
comments(0), -, - -