RSS | ATOM | SEARCH
カフェでおすすめライブ

6月23日土曜のランチライブ。シンガーゆかり☆ゴスペル、歌います!

生演奏の良さ、心に響くものがあると思うのです。人生に、音楽を、メッセージを。

ピアニストに野田常喜さん。

ラップ、MC.YUSHIさん。

大阪、京都、和歌山のミュージシャンでお届けする貴重なライブ。

ぜひ見にきてください☆

ランチ付き、ソフトドリンク付きで3500円。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 01:07
comments(0), -, - -
声が回復して、嬉しい。

6月始めのレコーディングでは、喉の調子が今まで以上によくなっていました。

少しスランプ気味な時期があったので、乗り越えれたとき、とっても嬉しかったのです。

 

先日のCharity Lockhartさんとの共演では、ワクワクして歌っておりました。

(お会いする前に、少し緊張もありましたが)

ありのままで歌う中で、

発見や感動が、たくさんありました。

クリエイティブな時間にひたる。

歌声はコミュニケーション。

客席の方に響くものを感じておりました。

 

毎日歌っていたい。

あ、本音が出ました。

そして、レッスンでもいつも以上にのびのび歌いながら指導していたら、

生徒さんがとっても喜んでくださったのです。

あ〜。そういえば、レッスンでリードしていく声は、身近かなものです。

いろんなシンガーさんの声によく感動していたのを思い出しました。

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:15
comments(0), -, - -
特別な企画。ゲストと共演

アメリカからのゲストミュージシャン。チャリティロックハートさんと。Dreneさん。

昨年に引き続き、2人で歌うこと。

デュオで歌う曲数が増えていたかもしれません。なぜか現地に着く前の30分ほど緊張感がありました。

午前中は保護者として幼稚園での予定があり、その午後から気持ちも少しチェンジ。

ライブに向かったモードに入ります。

 

到着するころには、自分が6歳の一番したの息子とリハーサルへ向かったので、日常の中にとけこむような、

音楽ライフ。

少しの緊張は、いい意味で、子どもと一緒にいるとふっとんでおりました。

 

コンサートでは、いつも通りのびのびと歌いましたが。

とっても貴重な時間を過ごさせてもらっている事に気がつくたびに、

夢のようだったりで、心も感動していて、泣きそうになります。

会場のみなさんとコミュニケーションを取り合うような時間もありました。

 

お越しいただいた方の表情を見ていると、大阪でのカフェライブを企画してよかったと思いました。

コーディネーターの青木牧師の細やかな支えがあり、いろんな予定と調整していただき、実現して感謝です。

そして、Yoshi Blessed Musicのサウンドシステムと、協力があり、

ゆかり☆ゴスペルMusicとして思いきって踏み出せたのです。

 

本当に感謝いっぱいです。

本場の音楽と、心を通わせるようなコンサート。

歌声、ピアノ、そこにある響き。

本物にふれるような貴重な時間でした。

カフェの会場には、感動で涙された方もたくさんいました。

私も歌声を合わせるたびに、どんどん深まるものを感じていました。

感動いっぱいです。

もっともっと、たくさんの方に生演奏を聴く機会、心に響くメッセージに触れる機会があればと

さらに思いました。

コンサートを通して、音楽について向き合うことがあります。

本物を求めていこうと、ゆかり☆ゴスペルはシンガーとして感じておりました。

私も深めていきながら、歌い続けます。

 

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:48
comments(0), -, - -
明日カフェでライブ

いよいよ、明日です。カフェでのコンサートお待ちしています。

お席は残りわずかなら受付しますので、

本日中にご予約お問い合わせください。

チラシを持っていたので、今日お渡しした方もいます。

なかなかお渡しするタイミングがない方もいますが。

メールやFacebookをみて、連絡くださった方もいます。ひとつひとつのつながりに感謝。

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 14:07
comments(0), -, - -
もし、できることがあるなら

「手伝えることがあればやります!」

まだニーズも聞いていないけど、必要があるなら、お手伝いしようという気持ち。

言葉にしてみて、自分ができることを考えてみた。

日々、いろんなニュースを耳にしていると、

一つ一つのことに、自分は遠くから眺めてしまうことが多かった。

 

困った状況をみたときに、どんな行動をしているだろうか。

仝て通りすぎていく人。

⊆りの助けを呼びにいく人。

自分で手をのばして助ける人。

 

このの選択は、勇気がいるなあと思う。

 

私が高校生のときの学校の先生が話していた内容。

その先生の価値観がすごいな〜って思っていた。

 

 

そして、私が最近考えることは、

チームのためにできることは何か。

 

大きなグループ、小さなグループ、

いろんなつながりがある。何かニーズがあれば、手伝えることがあれば!と

心が動いて、行動にしてしまう。

一歩踏み出すことを。シンガーとしても歌うことがあるので、

声をかけあう大切さ。

日常のなかに、たくさんあるんだな〜と今日も実感した日でした。

 

ゴスペルワークショップのお手伝いへ。

シンガーとして、三重県へ行ってきました。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:35
comments(0), -, - -
レコーディングは奥が深い

シンガーとして、CDリリースのためレコーディング中。

シンガーソングライター、ゆかり☆ゴスペル3作目。

音楽情報などは、Facebookページもぜひ。

https://www.facebook.com/yukarigospel/

Yoshi Blessed Musicのサポートで、制作、ボーカルレコーディングで5月、6月も歌に向き合っている。

簡単にここまでやってきているわけではなくて、

声の調子を崩した時期もあったので、スムーズにはいかなかった。

 

30代のシンガーのレコーディング。

夏までに順調に完成できたらいいな。

いろんな地域でコンサートさせていただけたらいいな。

自分の企画もあるけど、そういうのを超えて不思議な出会いや、導きがある。

こうして20年ほど音楽活動を続けているのも奇跡的なことなのだと思う。

 

歌の仕事、講師の仕事がいくつかあり、

声を使う仕事が多いので、喉に負担がかかり過緊張という診断が出て、高音が出にくい時期があった。

鼻炎アレルギーの症状にも向き合った。

そんなこんなで、早く終わるはずのレコーディングが予定よりも長引いてしまった。

 

自分自身、どんな状況でも受け止めてもらっていた。

相談できる場所もあった。

どうしたらいいか、取り組める心の状態。

それはありがたい。

 

「このペースでさせてもらっているけど。いいのかな?」

勝ってに前向きになってたかも。

 

音楽活動を支えてくれる仲間がいる。応援してくれている方がいる。

コンサートもゴスペルレッスンも、いろんなレッスンも楽しみに来てくださる方がいる。

感謝いっぱいだ。

 

ライブ活動をしながら、声の調子は本番では、回復しているという奇跡が何度もあった。

困ったときの、神頼みをしたわけでもない。

そこにいつも、神様の助けがある事に気がつく。

 

何人かの、専門家の方からのアドバイスをいただいて、ここ数ヶ月向き合っている

声の状態から、やっと本来の声に回復してきた。

 

そういうわけで、何か一つ乗り越えた感じ。

歌が、いっそう好きになっているシンガーである。

レコーディングを通して、歌詞にあるメッセージに向き合う。歌に向き合う。

音楽を超えたものとは。

2018年、ゆかり☆ゴスペルMusicとして深めていく。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 01:28
comments(0), -, - -
シンガーCharityさん、ピアニストDreneさんと共演。

チャリティロックハートさんとのコンサート。

Japan ツアーに来てくださいます。6月12日火曜は大阪市阿倍野区にあるカフェでイベント共演します。

コンサートのチラシを何カ所かのカフェに置かせていただいておりまして、

持って帰ってくださった方もいると思います。

お一人でふらりとご予約くださっても、楽しんでいただけると思うのでお問い合わせお待ちしてます〜。

 

Facebookページにも詳細アップしています。

https://www.facebook.com/events/1011631029005495/

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 17:58
comments(0), -, - -
ボーカルレコーディング

声と向き合うシンガー。

歌を全身で感じて歌えたらいいなと思っている。

ライブ情報は、イベントお知らせページや、フィエスブックにて。

http://yukarigospel.com/event_14.htm

https://www.facebook.com/yukarigospel/

土台づくりの大切さを日々、学ぶ。

あるときは、

子ども達に教えるため。

あるときは、自分の可能性を広げるため。

どこに向かっているかをイメージして。

何が土台になっているか。

 

マイクを通してレコーディング。

何度も聴ける環境があれば、CDや音源は身近なものになっていくのかな。

CDにある歌、歌詞、メロディ。どんなものが土台になっているか。

ゆかり☆ゴスペルは、どんな価値観で歌っているか。

そんなことも時々、考える機会がある。

 

歌声という点では、このときのベストな声というものが形になっていく。

みなさんに届けばいいなと企画している。

レコーディングは、エネルギーがかかるけど、ミュージシャンや、応援してくださるみなさまに支えられて

もうすぐ完成に向かっている。

シンガーとして、大事な経験となっている。

ボーカル録音は、いろんな要素がつまっていて深い!

さあ、メッセージを歌にのせて。

 

3作目ゆかり☆ゴスペルCD夏までに完成したい〜。

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 15:31
comments(0), -, - -
喉の調子!

喉の調子が崩し気味だったので、レコーディングが少しゆっくりペースだった。

耳鼻咽喉科にある音声専門のクリニックに行って、

声帯を見てもらって、過緊張の話を聞いたり、

鼻炎のアレルギーの症状をチャックしてもらったりで

だいぶよくなってきた。

基本的に病気しにくいのですが、

体のためにハーブティーや、食事の改善(無添加のものなど)意識的に取り入れている。

 

ある日、声を出すときに音声外来で、肩に力が入りやすいと言われたのもあり、

姿勢のことも気になったので、先日、整骨院へ。

柔道整復師さんに診ていただいた。

すごく肩と首が楽になり、肩が以前よりも正しい位置になっているように思う。

その変化にびっくりした。

 

声と向き合って、今まで学ぶことはたくさんあって、

肩こりについても、ストレッチポールでほぐすなどはしていた。

でも、何年も、肩や首の凝りなど意識していなかったので、

姿勢のことを診ていただけて本当に貴重な機会になった。

 

喉の状態は、今とてもいい感じ。

ずっとずっとここ数ヶ月向き合っているレコーディング。

自分の声に向き合っているここ数年。

喉の調子にどんどん敏感にもなってきている。

 

サウンドエンジニア、Yoshiさんによって、歌声を引き出してもらうようなレコーディング。

大事な時間。

バンドメンバーのサウンドを感じながら、歌にあるメッセージが届くのをイメージしている。

さあ、もうすぐ形になっていく。

 

シンガーとして、心こめて歌っている。

 

 

 

 

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 22:41
comments(0), -, - -
歩きながら歌を口ずさむ

なぜか、歌いながら歩きたくなる。

いや、歩きながら歌いたくなる。

 

私は、小さな頃、鼻歌や、歌を口ずさむことがあった。

大人になっても、家だったり、車で移動の時だったり口ずさむ。

 

でも、最近はそんな感覚を忘れていたようにも思う。

音楽がかかると自然と歌ってしまうけど、

自分からわきでるような感覚は、うちの子どもの様子を見て気づかされる。

 

6歳の息子は、家でよく鼻歌を歌う。遊びながら、自然に歌う姿もよく見る。

幼稚園でならってきた歌をピアノの前で歌いながら弾こうとする。

すぐに弾けなくても、歌い続けていたり。

好きなんだな〜音楽。そんな姿を見ていては、にっこり微笑む私。

 

大人になっても、ふと歌いたくなる瞬間がある。

 

いつでも歌える喉の状態にしておきたいなと思う。

もう、毎日どこでも歌っていたいなあ。仕事がら、講師やシンガーの活動で歌う機会がたくさんあり、

感謝なことだ。

レッスンメンバーさんとの時間は、歌う仲間とつくる時間としてわくわくしている。

 

自分自身、深めていこう。

基礎練習と、深める練習。日々の鍛錬とは。

アーティストとして思い切って突き進みたい。楽器にも向き合いながら。

 

いろんな企画を主催したり、参加したり、声をかけていただいたりと。

たくさん6月も計画している。

一緒に口ずさんだり、歌を楽しむ時間になったらいいな〜。

 

今日も歌や楽器が好きだ〜って思う瞬間がたくさんあった。

るんるん?

ある意味では、楽しい気分から来るのか、

はたまた、何か乗り越えようとしている気分の時に来るのか。

普通の日でも、そんな気持ちはあるのだと思う。

 

まあ、内側からあふれるようなもの。

歌いたい気持ち。

捧げたい気持ち。

日常に歌がある〜。

 

https://www.facebook.com/yukarigospel/

author:ゆかり☆ゴスペル シンガー、レッスン講師, category:-, 23:06
comments(0), -, - -